家でできる基礎練習、3選!スイング編

練習方法

ゴルフを始めて、早一年ほど経ちましたが、練習という練習も1,2週間に一度の打ちっぱなしに行くぐらいで、あとは、月に一度ほど誘われて行く本コースの実践で鍛えるスタイルです。

そんな感じなので、正直それほどうまくなっていない(スコア120~130ほど)のが現状です。ゴルフ仲間に誘われることも増えてきたこと、そのゴルフ仲間が皆さんだいたい80台のスコアと上手なので、これらかも仲間と楽しくラウンドできるように上達したいというモチベーションが久々に盛り上がってきました。

とはいっても、それほど練習にお金も時間もかけられないので、自宅で毎日続けられるような手軽で効果的な練習ないか調べてみました。パター練習、素振り、広い庭がある場合にはアプローチ練習などあるようです。

パターもうまくなりたいが、まずスイングを安定させたいので、素振りを今日から毎日5分ぐらいでも練習することにしました。

素振りの練習方法も、探すといろいろありますね。

タオル素振り :長めのタオルの片側を重りになるように結び、スイングする

ポイントは、バックスイング時にタオルの結びが背中に当たることを確認することです。

家の中でほんとに気軽にできるのが良いと思います。実際にやってみると、これでほんとに正しく行えているのかがちょっと心配になる練習でした。

・壁に頭付けスイング練習:

中井学プロが教えます!室内でできるトレーニング法!(4:15ぐらい)

ちょっとシュールですが、実際にやってみると意外と難しく、頭のぶれをなくすにはとても良い練習かと思いいます。まずは、肩を動かし、うまくいったら腰や足も動かしていくとよいと思います。練習後に頭のぶれがなくなっている感覚がわかります。

太極拳素振り :自分の理想とするスイングの動きをスローモーションで素振りし、正しい動きを体にしみ込ませる。

宮里藍さんの太極拳スイング、ほんとスローモーション再生しているかのようで、きれいなスイングですね。自分の気になっているポイントのスイングを確認できるのもよいです。

ポイントは、とにかくゆっくり。この動画では2分30秒もかけて1スイング行っています。

連続素振り :余計な力をいれず、ハーフスイングを繰り返す

余計な力をいれずに、正しい切り返しがみにつき、スイングも安定するようです。

ポイントは、クラブの自然な動きに合わせる。クラブのスイングの軌道が行き帰りで同じになるように意識すること。あとは、足は閉じた状態でやるとより体の支点が定まり安定したスイングになるようです。

私は、壁に頭付けスイングと、太極拳素振り、連続素振りの練習を取り入れたいと思います。

壁に頭付けスイングを20回ほど行って、

太極拳素振りを丁寧に1スイングして、連続素振りを5分ほど丁寧に行う

これらを続けてみたいと思います。1か月後に効果のほどのご報告できたらと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました