スコアリングについて

ゴルフの基礎知識

ゴルフを楽しむためには、スコアリングの仕組みを理解することが不可欠です。この記事では、ゴルフのスコアリングについての基本的な情報をわかりやすく説明します。

ストロークプレーとマッチプレー

ゴルフには主に2つのスコアリング形式があります:ストロークプレーとマッチプレーです。

  1. ストロークプレー:これは最も一般的な形式で、プレーヤーがコース全体で打ったストロークの合計数でスコアを競います。最も少ないストローク数でコースを回ったプレーヤーが勝者となります。
  2. マッチプレー:この形式では、各ホールでプレーヤーが対戦します。ホールごとに最も少ないストローク数でホールを終えたプレーヤーがそのホールを「勝ち」とします。最終的に最も多くのホールを勝ったプレーヤーがマッチの勝者となります。

スコアカードとパー

ゴルフでは、スコアカードを使用してスコアを記録します。スコアカードには通常、各ホールの距離とパーが記載されています。パーは、プロゴルファーがそのホールを完了するために必要な平均ストローク数です。

以下に、パーとそれに関連する用語の表を示します:

用語説明
アルバトロス/
ダブルイーグル
パーより3打少ない
イーグルパーより2打少ない
バーディーパーより1打少ない
パープロゴルファーがそのホールを完了するために必要な平均打数
ボギーパーより1打多い
ダブルボギーパーより2打多い
トリプルボギーパーより3打多い
4オーバー, 5オーバー, etc.パーより4打以上多い

ペナルティ

ゴルフでは、特定のルール違反に対してペナルティストロークが課されます。たとえば、OB(ボールがアウト・オブ・バウンズ)に出た場合や池ポチャ(ウォーターハザードに入った)場合などです。ペナルティは通常、1ストロークまたは2ストロークが追加されます。1打目(ティーショット)がOBになった場合、前方にある特設ティーから4打目として打つ「プレイング4」というローカルルールを適用しているコースも多くあります。

これらの基本的なゴルフスコアリングのルールを理解することで、正確に自分のスコアを記録することができ、自分のゴルフレベルを数値化することができます。

ゴルフを始めて1年程度の初心者ゴルファーの平均スコアは130台なので、スコアを120切ることが初心者ゴルファーの一つの目標とされることが多いです。私もゴルフ始めて1年ほどでようやく120を切ることができるようになりましたが、はじめたばかりで、うまくいかなくて当然なので、スコアはあまり気にせずに楽しくまわりたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました